ARCHIVES 2002/6/1 - 2002/6/16

Previous | Next

6月15日


Newer Technologyが、 NuPowr G4 Pismo(PowerBook G3 Pismo用のG4 500プロセッサアップグレードカード)の販売を開始しました。 こちらもPowerLogixと同じく、PowerPC G4 7410 500MHz搭載です。

 

Spymac.comでは、AppleがMacworld NYでハイエンドグラフィックス市場へ参入するプロジェクトを発表するのではと伝えています。情報提供者を守るため詳細を伝えることはできないが、それはAppleとPixar双方にとって有益となるであろうということです。ZDNetでも、スティーブ・ジョブズ氏がPixar社のCEOを務めており、Silicon Grailを買収したことから、映画制作の分野に進出するのでは、と伝えています。

Top

6月14日


PowerLogixが本日、BlueChip Pismo G4 500(PowerBook G3 Pismo用のG4 500プロセッサアップグレードカード)を発表しました。プロセッサはPowerPC G4 7410。

 

EPSONよりPM-770C用OS X対応プリンタドライバが配付されました。一時期、PM-770C用のOS X対応プリンタドライバは開発しないということでしたが、ユーザからの要望が多かったようで開発することになったようです。私もPM-770Cユーザですので嬉しい限りです。(読者提供情報です。ありがとういございます。)

 

AppleKnowledge Baseに、OS X 10.1.5にアップデートした際に、ネットワークに接続できなくなるというバグを掲載しています。IPアドレス、サブネットマスクおよび、ルータアドレスがすべて255.255.255.255にセットされ、また、ネットワークプレファレンスでのDHCPの設定が有効にならないという問題が発生することがあるようです。/Library/Preferences/com.apple.PowerManagement.plistを削除して、再起動すれば解消するようです。

 

RAILhead Designでは、間もなくデベロッパ向けに新たなMac OS X 10.2 Jaguarが配付されるようだと伝えています。RAILhead Designはbuild6C60と見ているようだが確かではない。

 

Macworld NYでG4 iBookが発表されという噂ですが、クロックは700MHzになり、また、G3 700MHzのiBookは教育機関向けに残されるという噂があります。

 

Adobeが、GoLive 6のアップデータを配付しています。

 

Macworld Newsでは、アップルオーストラリアが、本日未明にお伝えしたGartnerの調査結果を12日プレスリリースに掲載したが、今は削除されていると伝えています。掲載された内容は下記のものと同じようです。

 

Macworld Newsでは、Gartnerの調査によりMacはPCより高くつくという神話が崩されたと伝えています。その調査は、メルボルン大学の芸術学部(4,676台のMacおよび、5,338台のWintel機を使用)で行なわれ、デスクトップとラップトップにかかる費用(周辺機器、ソフトウェアなど)を算出したところ、PCでは年間$1,438かかり、一方Macが年間$1,114かかるという結果になった。

Top

6月13日


Washington Postでは、9州から独占禁止法違反で訴えられているMicrosoftは、その訴えの棄却を求めていたが、地裁判事がそのMicrosoftの訴えを却下したと伝えています。

 

様々な噂サイトで、Macworld NYでG4 iBookが発表されるだろうと伝えています。クロックは700MHzから900MHzで、14.1インチモデルのみと伝えているところや、12.1インチと14.1インチの両モデルと伝えているサイトがあります。

 

NewsFactor Networkでは、Appleの7500万ドルの“Real People”キャンペーンは、支配的なMicrosoftからマーケットシェアを勝ち取る、より大き後押しになるだろうと伝えています。紙面広告は来週より掲載されるようです。

 

BusinessWeekでは、パソコン市場の不振がAppleを圧迫し始めているが、eMacがそれを助けるだろうと伝えています。$999のGateway 500SEと比べてもハードディスク容量は2倍で、ディスプレイもより大きく、競争力が高い。Appleは$1,000の値幅は市場の重要な部分である、と認識している。

 

Spymac.comでは、Mac OS X 10.2 Jaguarは、9月中旬にリリース予定であったが、8月22日までにはリリースされるようだと伝えています。

 

デベロッパに配付されたMac OS X build6C48は6C35に比べ、大幅に改善され、より安定しているようです。しかし、いくつかのFinderキーボードショートカットが機能せず、また、再起動時にシステムプレファレンスのいくつかの設定を記憶していない、というような問題があるようです。

 

The Wall Street Journalでは、Appleの“Real People”キャンペーンに伴い、Appleのパソコンを購入するかどうかというアンケートを行った。

 

  • 購入する-1047人 内訳は下記の通り。
    • Appleユーザ 487票 (27%)
    • Windowsから乗り換えたユーザ 283票 (16%)
    • Windowsから乗り換える予定のユーザ 277票 (16%)
  • 購入しない-737人 内訳は下記の通り。
    • 一時Windowsから乗り換えたが、またWindowsに戻ったユーザ 262票 (15%)
    • Appleの製品は買わない475票 (27%)

Top

6月12日


Macworld Newsでは、MotorolaがMRAM(Magnetic RAM)を2003年に出荷すると伝えています。MRAMは、フラッシュRAMやDRAMなどに取って代わるものと期待されています。

 

PowerLogixが、PowerMac G4とG4 Cube対応のPowerForce G4 750Mhz-1GHzのアップグレードカードを発表しました。プロセッサはG4/7455(コードネーム:Apollo)を搭載。PowerForce G4 Series 100(システムバスが100MHz)は7月発売、PowerForce G4 Series 133(システムバスが133MHz)が8月発売で、価格は$449から$749ドルです。

 

Mozillaが、Quartzテキスト対応のMozilla X 1.1aをリリースしました。

 

MacOS Rumorsでは、Accelerate Your Macintosh!で、iBook 700MHz (16VRAM)にAppleのCHUD toolkitをインストールし、800MHzクロックアップする方法が紹介紹介されたが、850MHzまでクロックアップでき、900MHzで数回起動することも出来たと伝えています。

 

Think Secretでは、Internet Explorerの最新版はバージョン6になるようだと伝えています。正確なリリース期日は確認できていないようです。

 

Mac Centralでは、Newer Technologyは過去の失敗から学習し、日本とヨーロッパの市場へ新製品を投入することが優先事項であると語った、と伝えています。現在、会社の徹底的再構築を計るために、元従業員を再雇用しているそうです。

 

Mac Centralでは、先週NewsFactor Networkで、Omni Groupの代表ウィリアム・ジョン・シップリー氏が、MacBUがInternet Explorerの開発を止めるだろう、とインタビューの中で語っていたが、MacBUのゼネラルマネージャー、ケビン・ブラウン氏は、Internet Explorerの開発は進行中で、現在OfficeとInternet Explorerの次のバージョンに取り組んでおり、シップリー氏のコメントは間違っているとコメントしたと伝えています。

 

Financial Timesでは、D&AD金賞(iPod)を授賞するためにイギリスに訪れたスティーブ・ジョブズ氏と、ジョナサン・アイブ氏にアップルデザインポリシーについてインタビューした記事を掲載しています。Appleのデザインチームは世界中から選ばれた少数の人材からなり、少人数で構成されることで意志の疎通もうまくいき、よいアイディアが生まれると語っている。「iPodとiMacの成功は、我々がデザインを極力シンプルにして、無駄なものを省き、機能的なもののみを組み込んでいることによる。」ファッションデザイナーのポール・スミス は「非常に才能がある」と評し、the New York Timesは「恐らくコンピューター界で最も影響力のあるデザイナー」、Time誌は「サイバーエリートのうちの一人」とジョナサン・アイブ氏を評価している。

 

Macworld Newsでは、Mac OS 9に関するアンケートを行い、49%の人がいまだにMac OS 9を入れているという結果になったと伝えています。そして33%の人がMac OS 9の終焉を望み、9%の人がOS Xを嫌っている。

Top

6月11日


Appleホットニュース。Windows PCからMacに買い換えたユーザの体験談を募集しています。After Switch | Windows PCからMacに買い換えたばかりの皆さんへMacに興味を持ち、購入を考えるきっかけとなったのは何ですか?購入を決める前に解消したい疑問や不安はありますか?などPCユーザからの意見も募集中。Before Switch | Macの購入を検討しているWindows PCユーザの皆さんへ「リアルピープル」広告キャンペーン発表の抄訳掲載。「リアルピープル」広告キャンペーンを展開

 

Apple Mac.com Web mailが、ベータ2になっています。

 

eWEEKでは、Appleは、education sales部門とマーケティング部門を、750人以上から成るeducation business unitへと統合し、元副社長でLisa projectのゼネラルマネージャーであった、ジョン・カウチ氏をAppleに呼び戻し、その部門の副社長に就任したと伝えています。ジョン・カウチ氏は、1982年に会社を去る前にジョブス氏と頻繁に対立していた。

Top

6月10日


Appleが、Switchページを公開しました。本日より始まった“Real People”キャンペーンのTV CFを見ることが出来ます。

 

Accelerate Your Macintosh!では、復活したNewer Technologyが最初の製品として、PowerBook G3 Pismo用のG4 500MHzアップグレードカードを発表するようだと伝えています。また、その他のいくつかの製品を、今月中に発売するようです。

 

Spymac.comでは、Macworld Expo NYでマイナーチェンジしたiBookが発売されるのではと伝えています。

 

The New York Timesおよび、CNET NEWS.COMでは、Appleが、PCからAppleに乗り換えたことを話す人々を出演させたテレビと紙面の広告を、月曜日より打ち出す“Real People”キャンペーン計画をしていると伝えています。この広告に出演している人たちは、Appleに送られた1万ものe-mailの中から選ばれている。スティーブ・ジョブズ氏は、このキャンペーンは“Think Different”以来最大のキャンペーンになり、PCからAppleに乗り換える際に、何ら障害がないことを伝え、これによってMicrosoftを立腹させないであろうと考えており、現在Microsoftとの関係はかなりよい、と語っている。

 

NewsFactor Networkでは、Omni Groupの代表ウィリアム・ジョン・シップリー氏が、OmniWeb 5.0を2003年頭にリリースする、とNewsFactor Networkに語ったと伝えています。OmniWeb 5.0は、処理速度の向上をはかり、Netscapeの タブブラウズウィンドウと同様の機能を取り入れると語っています。また Microsoftが、夏リリース予定のInternet Explorer 5.5を計画していると伝えています。

Top

6月9日


MacNews.comでは、デフォルトブラウザーの設定をInternet Explorer以外に設定しても、またIEに戻ってしまう問題を解消するソフトを紹介していました。それは、BrowserWarsというソフトで、こちらからダウンロードできます。サイズは268kです。

Top

6月8日


Appleが本日2時より、 アップル新製品発表会を行います。 MacDTV.comでは、説明会の模様をQuickTime BroadcasterとQuickTime Streaming Serverを用いたMPEG-4によるライブストリーミング配信を行うそうです。

 

RAILhead Designでは、Appleが今週末にも、新しいMac OS X 10.2をデベロッパーに配付するようだと伝えています。また、Unsanityが、全てのCarbonアプリでOSXのクオーツテキストによる、文字のスムージングを可能にしたSilkをリリースしたと伝えています。Silkは、スムージングの設定をアプリごとに設定可能で、無料でダウンロードできる。

Top

6月7日


Appleが、MPEG-4 Video Galleryを公開しています。

 

CNET NEWS.COMでは、AppleがPCユーザを引き込むために、アップルストアにWindows PCを導入して、Macのアドバンテージを提示したり、店頭デモ機でVirtual PCを実行することで、PCユーザが使用しているウインドウズのソフトウェアを、継続して使用することができるということをPCユーザにアピールする、といったようなデモンストレーションを考えているようだと伝えています。

 

The Inquirerでは、ATiのRV250、R300が夏の終わり頃にリリースされるのではと伝えています。R300チップは、DirectX9対応で、NVIDIA GeForce4(NV25)の性能を上回ると期待されている。また、同時期にNVIDIAはNV18を発表するようです。NV30は11月まで発表されないようです。

 

Forbes.comでは、iMacは不思議なデザインだとか、15インチの液晶ディスプレイスが小さすぎるとか、あるいは、価格がちょっと高い、と思う人たちにはeMacは最適であり、オーディオ入力も魅力と伝えています。また、iPodとiTunesのWindows版をリリースするのでは、という噂も伝えています。

Top

6月6日


ヨドバシカメラや、ビックカメラなどがPowerMac G4、iMac Flat Panel、PowerBook G4を値下げしています。PowerMac G4とiMac Flat Panelは、Macworld Expo NYに発表されるであろう新機種のための在庫整理と考えられますが、PowerBook G4に関しては、Appleが価格改訂を行うような気が・・・。近々アナウンスがあるかもしれませんね。

 

Appleが、QuickTime 6 Public Previewを削除し、QuickTime 5へ戻すためのプログラムを配付しています。

 

ZDNetのDavid Courseyは、スティーブ・ジョブズ氏がCRTの終焉を告げたにもかかわらず、eMacを発表したことで、スティーブ・ジョブズ氏はそれほど観念的でなく、より現実的になったという証拠では、と伝えています。

Top

6月5日


The Rumor Millでは、iDVDについて伝えています。現在いくつかのデジタルカメラやデジタルビデオカメラは、直接CDやDVDに焼くことが出来ることから、iDVD3はデジタルビデオカメラからFireWire経由で、リアルタイムでDVDに焼くことが出来るようになるだろうと伝えています。

 

昨日、QuickTime 6プレビュー版がリリースされましたが、CNET NEWS.COMのインタビューで、スティーブ・ジョブズ氏は、AppleはMPEG LAとのライセンスの交渉は依然続いているが、ほぼクリアされつつあると答えた。また、eMacについてこのインタビューで、「iMacを導入した際、CRTの終焉を告げたが、現在の液晶ディスプレイの価格は、私たちが望んだ価格ではない。そのため、御存じの通りiMacはディスプレイの価格により$100値上げせざるをえなかった。それにより、その下にeMacの余地ができた。」とスティーブ・ジョブズ氏が語っている。

 

Accelerate Your Macintosh!では、iBook 700MHz (16VRAM)にAppleのCHUD toolkitをインストールし、800MHzクロックアップすることができた、という読書からの投稿を掲載していました。やり方は記載されていますが、保証対象外になるので注意

 

Appleが、OS X 10.1.5をリリースしました。ソフトウエア・アップデートよりダウンロード可能です。

 

CNET NEWS.COMによると、MicrosoftはMPEG-4サポートの次世代ディジタル・メディア・プレーヤー(コードネーム:Corona)の開発を続けているが、「現時点ではCoronaのMac版をリリースする予定はない」とMicrosoftのウィンドウズデジタルメディア部門のディレクター、ジョナサン・アッシャー氏が語ったそうです。現時点では、Windows XPおよび、Windowsの他のバージョン向けのみの予定だそうです。

Top

6月4日


AppleeMacを一般向けに販売開始しました。価格は139,800円、スタンド 付きが147,300円となっています。これにあわせて、The Apple Store for Educationがオープンしています。また、MPEG-4対応QuickTime 6プレビュー版も発表されました。ただし、英語版のみで、「英語版QuickTimeの日本語OS環境でのご利用はお奨めしません」とあります。

MacOS Rumorsによると、7月のMacworld Expo NYで発表されるのは、PowerMac、iMacおよびFirewireだけではなく、より早い802.11準拠のAirPort Base Stationを発表するのではと伝えています。速度は確認できていないが、おそらく54Mbps、もしくは108Mbpsになるのではと予測しています。価格は現行モデルと同じになるようです。また、Appleが、OSX 10.2 Jaguarの新しい機能inkを利用した、タッチスクリーンのタブレット のコンピュータ/ウェブパッドを開発しているのではと伝えています。

 

Think Secretでは、本日行われるであろう記者発表でスティーブ・ジョブズ氏は、eMacをすべての小売店より販売するということを発表するのではと伝えている。日本でも販売されるようになるのでしょうか?

 

NewsFactor Networkでは、RealNetworksのスポークスマンCara Jacobsonが、「私たちはマック用の製品を開発しているが、この時期に発表するものは何もない」とNewsFactorに語ったそうです。

 

MicrosoftよりMSN Messenger 3.0がダウンロード可能になっています。

Top

6月3日


Microsoftより Office v. X, Service Release 1がダウンロード可能になっています。また、7月15日にEntourage用のPalm Syncコンジットをリリースするようです。

 

CNET NEWS.COMによると、Microsoftが本日、Office v. Xのアップデートを発表するそうです。1500以上の改良がされているようです。また、Messenger 3.0も発表されると伝えています。明日のAppleの記者発表は、このこととOS X 10.1.5のことなんでしょうか?

 

Macs Only!では、Virtual PC 5.0.3のベンチマークを掲載していました。5.0.3と5.0.2で、それぞれWin MEとWin XPを使用した際の速度を載せています。ちょっと遅くなっていますね。

 

Federal Computer Weekによると、Xserveが成功を収めれば、連邦政府のUnixとPCのサーバにとってかわる可能性があると伝えています。また、NASAの科学者はXserveに好意的で、予算があれば購入したいと語っている。

Top

6月2日


Think Secretでは、Appleの前CEOジョン・スカリー氏と、現CEOスティーブ・ジョブズ氏が火曜日にそれぞれ記者発表を行うと伝えています。ジョン・スカリー氏は、新しい会社および製品の発表を行なうようです。Appleの記者発表の内容については、情報をつかんでいないようです。

Top

6月1日


YourDailyMacでは、MacWorld Expo NYで発表されるであろう、iMacとPowerMac G4の情報を掲載していました。

 

  • iMac
    • 800 MHz G4
      256 Mbs Ram/60 GB HD/GeForce 2 MX/Combo Drive
      $1,299
    • 1 Ghz G4
      256 Mbs Ram/60 GB HD/GeForce 2 MX/SuperDrive
      $1,599
    • 1 Ghz G4
      512 Mbs Ram/80 GB HD/Geforce 3/SuperDrive
      $1,899
  • PowerMac G4
    • 1 Ghz G4
      256 Mbs Ram/40 GB HD/GeForce 3 MX/CD-RW Drive
      $1,499
    • 1.2 GHz Dual
      256 Mbs Ram/60 GB HD/SuperDrive/GeForce 4 MX
      $1,799
    • 1.4 GHz Dual
      512 Mbs Ram/100 GB HD/SuperDrive/GeForce 4 MX
      $2,499

 

MacOS Rumorsでは、アップルはすべての新しいPowerMac G4に、オプションとしてRADEON 8600を採用し、新しいiMacのいくつかのモデルにGeForce 4MXが搭載されるようだと伝えています。

 

MacCentralでは、FireWireが400MBから800MBに改良されるのに数年かかったが、1.6GBへ改良するのに、そこまで時間はかからないだろうと伝えています。

 

RAILhead Designでは、OS X 10.1.5は準備できており、Internet Explorerのアップデートはほぼ完成しているようで、月曜までにリリースされるようだと伝えています。また、Office v10 のアップデートは、リリースされるまで数週間かかるようです。

 

DigiTimesでは、Quanta Computerが第三四半期から17インチと19インチの液晶iMacを出荷するのではと伝えている。これに対してMacOS Rumorsでは、17インチのディスプレイはオプションになるのではと見ており、夏から年末に発表されるのではと伝えています。

Top